525円で作るディオラマiPhoneケース第2弾!テーマは「現場」だけど…?

現場ディオラマケース

ども、ユウセイ(@wm_yousay)です。

前回の自作ディオラマケース(参考:たった525円で自作したディオラマiPhoneケースがこれだ!)が意外と好評でしたので、勢いに乗って第2弾を作ってみました。

テーマは「現場」

前回のテーマは「ダイナソー」でしたが、今回は「現場」です。前回同様に適当に100均店内をぶらぶら、ちゃんとテーマを定めてから材料を購入。

今回はセリアとダイソーをはしごして揃えました。

今回の材料

セリア派の私ですが、今回ばかりはダイソーのお世話になって揃えた材料がこちらです。

茶色iPhoneケースと接着剤

ケースと接着剤

今回のベースは茶色のケース。前回の反省を活かして、接着剤はプラスチック用のものを選択。速乾性ですが、瞬間接着ではありません。硬化まで半日といったところでしょうか。

コルクシート

コルクシート

裏面が粘着タイプのもの。現場といえば砂地なので、コルクで表現してみます。

ミニカー(建設カーシリーズ)

ブルドーザー

正式な名前がわかりませんが、ブルドーザーだと思います。

前回の石ころ

石ころ少々

前回使用した石ころの余りを使います。

いざ、組み立て

材料が揃ったところで作業開始。
今回唯一の細かい作業は、コルクシートのカットです。

コルクシートをカットするよ!

iPhoneケースで型取りし、ハサミでカットします。
カメラ部分の穴は、貼り付ける時に逆になるので注意です。

カメラ位置には注意

ケースに貼り付けたところ。

貼り付ける

上手く砂地に見えます。異論は認めません。どう見ても砂地です。ありがとうございます。

完成した「現場ディオラマiPhoneケース」

砂地が出来ればもう終わったも同然!完成した「現場ディオラマiPhoneケース」がこちらです。

これが現場ケースや!

カメラ部分の切り取りも完璧や!

カメラも使えるよ!

色んな角度からご覧ください。

サイド 斜めから 下から 逆サイド 別斜めパターン 上から

石ころが岩にしか見えな…い…?

抜群の安定感

さあ!今回も思った以上の完成度の「現場ディオラマiPhoneケース」に大満足しております。やっぱブルは違うね。ブル中野は。

大量の石ころを使用したので、安定感がハンパない。

ずっしりくる

持ち上げると、かなりズッシリくる。

人間工学に基づいた安心のグリップ力!

持ちやすさには定評があります。

ブルドーザーのツメと石ころがちょうどいい!

さいごに

今回も材料費はたったの525円。正確には石ころは前回の余りを使用したので、420円。

たったの420円で、ここまでの現場感を出したケースを他では見たことがありません。そもそも探したこともありませんが。

前回の恐竜ケース同様、この現場ケースも欲しいという声を期待しています。お譲りしていませんが。

あ、最後に重要なこと。真面目なケースを販売しておりますので、ぜひ CASE-WONDER をチェックしてください。

せば、これにて。

Related posts:

  1. たった525円で自作したディオラマiPhoneケースがこれだ!