Macのサウンド入出力を一発で切り替えできる、超絶便利アプリ。それがSoundSource。

こんにちは。ユウセイです。今日はサウンド入出力を一発で切り替えできる、超絶便利アプリのお話です。

外部ディスプレイを導入してから、ひとつ悩みがありました。それはサウンドの出力切り替えです。MacBook airの内蔵スピーカー、外部ディスプレイに接続したスピーカー。この切り替えがひどく面倒なのです。

Mac本体のスピーカーと、外部ディスプレイに接続したスピーカーを切り替える際は、システム環境設定 → サウンドをクリックしなければなりません。
Soundset

さらに、内蔵スピーカー or 外部ディスプレイの選択が必要です。

Soundset 1

そこで今回のアプリです。

そのアプリの名前は、SoundSource
SoundSourceを使用することで、デスクトップのメニューバーからサウンド入出力の切り替えが一発で可能となります。

Soundset 2

これで、内蔵スピーカーと外付けスピーカーの切り替えが楽勝です。Mac起動時にアプリも起動させたい場合は、上図の場所にチェックを入れます。

いちいちシステム環境設定から切り替えしていたのが悪夢のように簡単作業に生まれ変わりました。録音などする際も、入力機器を簡単に切り替えできますので、是非試してみてください。

ダウンロードはこちらのサイトから。
Rogue Amoeba – Freebies

No related posts.