偽りの名のモーテルで繰り広げられる偽りに救いはあるのか?【映画評】シーサイドモーテル

麻生久美子カワイイよ

ども、洋画よりは邦画っぽいユウセイです。

今回ご紹介するのは「シーサイドモーテル」です。シーサイドって海辺って意味ですよね?でもこのモーテルは山の中にあります。

そう。看板に偽りありなんですよね。その山のシーサイドモーテルに宿泊する人間もまた偽りとウソにまみれた者達…

4つの部屋それぞれの偽りが交錯する

謎の男ぺぺ

このモーテルの4つの部屋それぞれで起こる偽りドラマが、残り3つの部屋に交錯していく。愛だの金だの下心だのが上手いこと絡み合っていくわけです。

  • インチキ商品のセールスマンとコールガール
  • 激安スーパーの社長と社長夫人
  • ギャンブラーと彼女と借金取り
  • キャバクラの常連客とキャバ嬢
  • こいつらみんなウソつきで、下心ありあり。でも大なり小なり人間みんなそうやって生きてるわけで、完全に否定することなんて誰にも出来ないわけで、むしろもっと見せてくれと言いたくなる。

    特にコールガールのウソが秀逸で、これはリアルに参考になる。女子ってこんな事を考えてるのか…油断できんな、侮れんなと。

    忘れちゃいけない痛いシーンありのこと

    痛いシーンあるよ

    そうだ。忘れちゃいけないことありました!
    この映画、痛いシーンあります。ようするに暴力系の痛いシーンです。ハッキリ言うと拷問的なシーンです。

    そーゆーの苦手な人は観るのやめといた方がいいです。ぼかぁオトコだけど、ちょっとキューってなりました…

    さいごに

    常連客とキャバ嬢

    痛いシーンはありますが、ウソ偽りを見破る参考になります。なるほどね、こうやって騙したりごまかしたりするんだねぇと。

    そしてウソ偽りに混じって、しんみり切ないラストが…

    ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、最後の最後は自分で想像?してください。

    せば、これにて。

    ©2010「シーサイドモーテル」製作委員会

    Related posts:

    1. 【映画評】イントゥ・ザ・ワイルドを観た私の気持ち
    2. 【映画評】踊る大捜査線 THE FINAL を観た私の気持ち
    3. 007スカイフォールを観ずに年は越せない!独断と偏見で007を語ります
    4. 大洗にも星はふるなり【映画評】
    5. 君も彼らの物語に飛び入り参加するか?【映画評】アヒルと鴨のコインロッカー
    6. 勘違いしてレンタルした「悪の教典 序章」が非常に良かった!