ホルモーという競技から恋と友情と青春を学べ!【映画評】鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

仕事終わりのこの1本。というわけで、DVDを鑑賞しているユウセイです。

今回ご紹介する映画は「鴨川ホルモー」です。タイトルからは絶対に内容が想像できない映画。

ホルモーって何だよ?ホルモンの仲間的な?とか思ってましたが、これがまさかの「鬼バトル」と来た。最初から最後まで訳が分からないまま進み、最後は爽やかな何かを残して行きました。

そんな映画です。

そもそもホルモーって?

ホルモーの罰

タイトルのホルモーについて、作中ではこんな説明があります。

別にどこの何神様を信心してということや無くてな、京都に漠然と漂っておられる不特定多数の神様たちを、我々若もんの酔狂でお慰めする夏の祭典。それがホルモーや。
鴨川ホルモー 松竹映画 2009

これのどこが説明なんだと突っ込みたくなります。このセリフを個性派俳優の荒川良々が真面目に語ります。

まるで訳が分かりません。

これが鬼を使って争う謎のバトル競技だと分かるまで、随分と時間がかかるわけです。

とは言っても、それまでの過程における山田孝之の演技が素晴らしく、友人役の濱田岳の演技もそれはそれは素晴らしく、飽きること無くホルモーへと続くのです。

ホルモーを通じて学ぶ友情や恋

ゲロンチョリー!

ホルモーという鬼バトルを通じて、人間の浅ましい部分や、熱い友情、そして青春には欠かせない恋など多くを学ぶことができる。

そう!この映画はホルモーという鬼バトルを通じて描かれる青春ドラマそのものなのだ!

ホルモーという架空の競技を中心に描いているが、これがバスケットボールでも、野球でも、サッカーでも同じなんだ。

あえてホルモーという競技にすることで、これまでの単純なスポーツ系青春ドラマの青さ、もうそんなのには飽きちゃったんだよ〜と宣う輩どもを一掃することに成功した映画なのである。

どうだい?考えてみてはくれないか?

映画やドラマや漫画(アニメ)で散々描かれてきたスポーツ系青春ストーリーを今さらやったところで、どの層が観てくれる、読んでくれると言うのだ!

あえて言おう。誰も観ないと!

だからこそ「ホルモー」は誕生したのだ。

俺たち現代人の荒んだ心、普通のストーリーじゃ物足りない、欲しがり屋の無い物ねだり世代の為の映画なのだ。

とにかく

栗山千明かわいいよ

友情や恋の話を、どこか心の片隅で求めながらも素直に受け入れられない。そんな俺達にピッタリの映画。そう言いたかったわけです。

君も、ホルモーを通じて爽やかな何かを得てみないか?

せば、これにて。

(C) 2009「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ

Related posts:

  1. 【映画評】イントゥ・ザ・ワイルドを観た私の気持ち
  2. 【映画評】踊る大捜査線 THE FINAL を観た私の気持ち
  3. 007スカイフォールを観ずに年は越せない!独断と偏見で007を語ります
  4. 大洗にも星はふるなり【映画評】
  5. 君も彼らの物語に飛び入り参加するか?【映画評】アヒルと鴨のコインロッカー
  6. 勘違いしてレンタルした「悪の教典 序章」が非常に良かった!