君も彼らの物語に飛び入り参加するか?【映画評】アヒルと鴨のコインロッカー

瑛太扮する河崎

ども、ユウセイ(@wm_yousay)です。久しぶりにHuluを覗いてみたら、「アヒルと鴨のコインロッカー」がアップされていました。

@goryugoこと「ごりゅご」氏から勧められていたので観てみました。勧められたの昨年だったけど

騙される系のやつです

河崎とモデルガン

このアヒルと鴨のコインロッカーは、いわゆる騙される系の映画です。この騙される系の映画には強いと自負している私ですが、ええ自称ってやつですが、その私がするっとまるっと騙されました。

瑛太扮する謎めいた男、河崎。この河崎のペースに、仙台に引っ越してきた初日から巻き込まれる男、椎名。

河崎の言ってることは、最初からどこか斜め上な感じで胡散臭い。しかし何故か信じたくなるし、協力したくなる。

椎名は若さ故に好奇心を抑えることができない。

そして河崎の過去から続く物語に、次第に椎名も巻き込まれていく。

何かかっこつけたこと書きましたけど、見ている私ももちろん巻き込まれていったわけです。

コインロッカー

一文だけあらすじ紹介します

騙される系なので、あらすじは一文だけにしておきます。

同じアパートに住むブータン人に広辞苑をプレゼントしたい。だから本屋を襲う。

本屋襲撃

なぜ買わずに襲うのか?広辞苑一冊の為に椎名を巻き込んでまで本屋を襲う理由とは何か?

するっとまるっと騙されてください。

まだブルーレイは出ていないようなので、ハイビジョンで観たいならHuluがオススメです。

せば、これにて。

Related posts:

  1. 【映画評】イントゥ・ザ・ワイルドを観た私の気持ち
  2. 【映画評】踊る大捜査線 THE FINAL を観た私の気持ち
  3. 15年ぶりの再発見?大統領大好き映画「エアフォース・ワン」再鑑賞【映画評】
  4. 007スカイフォールを観ずに年は越せない!独断と偏見で007を語ります
  5. 大洗にも星はふるなり【映画評】
  6. 邦画が好きになる!「キサラギ」観たら変わりますから!【映画評】