100均のルーペで本当にマクロ撮影できるのか?iPhoneで実際に撮影してみた!

CASE-WONDERのケースに入れてみた

100均、正確にはダイソーで売られているルーペを使ってマクロ撮影が出来る噂。わずか105円で本当に撮れるの?

本当でした。

めっちゃくちゃキレイに撮影できるじゃんか!

とうわけで、ダイソーのルーペとiPhoneでマクロ撮影してみました。

ダイソーのルーペ、105円

何はともあれ、これがないと始まらない。
ダイソーで購入。正式な商品名は「ルーペ付きブックマーカー」です。

ダイソー、ルーペ付きブックマーカー

店舗によって、置いてあるところが違うことがあります。ルーペのコーナーや文具のコーナーなどなど、苦労して見つけました。

大きさはiPhone5と同じくらいです。

大きさ比較

カメラのところにルーペを当てるようにして使います。

カメラにルーペをあてる

木の部分が意外と持ちやすいです。

マクロ撮影に挑戦

早速マクロ撮影に挑戦してみました。

まずはこのルーペの説明書きを撮影。iPhone5単体でピントが合うギリギリまで寄って撮影したのがこちら。

iPhoneで説明書き撮影

iPhone5単体でも結構頑張ってくれました。説明書きが読める。

で、ルーペをあてて撮影すると?

ルーペあてて説明書き撮影

うおぉっ!近い!ちけぇぇぇ!

比べ物にならないほど接写できました。分かりやすく並べるとこんな感じ。

説明書きの撮影比較

まさにマクロ撮影ですね。

続いてダンボーを撮影してみました。

ダンボーで比較

すげぇ!
バーコード横の「JB3」がバッチリ見える!

ここまで撮影して1つ思い出したことが!
千円札に、カタカナで「ニホン」と表記されているって話!!

さて、結果は、、、、、?

千円札の文字

ホントや!ホントやったんや!
ニ、ホ、ンって書いてある!

分かりますか?

IMG 4272 2

花の中に一文字ずつ入ってますね。

まとめ

ダイソーのルーペでマクロ撮影ができる噂は本当でした!
予想を遥かに超えた接写に大満足。

撮影時の見た目はちょっとアレかもしれませんが、iPhone専用のマクロレンズは安くないですからね…

まずは105円でマクロ撮影デビューして、もっと欲が出てきたら専用レンズを購入するのが良いかもしれません。

あとは魚眼レンズが手に入ると色々と捗るんですけどね…
こればかりは100均では無理…かな…?

せば、これにて。

Related posts:

  1. iPhone5の衝撃吸収フィルムが105円!「セリアの衝撃吸収保護フィルム」
  2. マジだった!iPhone5の背面保護にピッタリのダイソー105円フィルムを貼ってみた!
  3. iPhoneでPodcastを作りたい!まずはマイクを選んでみた!
  4. Podcast収録用のiPhoneマイク「LOAS IPMC-01AL」開封の儀
  5. 【動画あり】105円と侮るなかれ!セリアのスマフォ用タッチペンがコスパ高い!
  6. 目を守れ!ブルーライトカットのパソコン用メガネがたったの105円で販売中!