個人商店でも手軽にクレジット決済を導入できる「PayPal Here」を購入しました!

PayPal Hereを導入

ども、ユウセイ(@wm_yousay)です。

個人商店でもかんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。
それが「Paypal Here」。

iPhoneとカードリーダーがあれば、それだけでクレジットカードによる支払いに対応出来ます。

というわけで、カードリーダーと専用アプリのレビューです。

Paypal Here とは?

PayPal Here は、オンライン決済サービスの「PayPal」の新サービスです。

iPhoneに専用カードリーダーを接続することで、それがクレジットカード決済端末になるというもの。

これまでのクレジットカード決済の敷居を取っ払ってくれました。

導入にはPayPalのビジネスアカウントと、SoftBankショップで販売している専用カードリーダーが必要。

どれだけ探しても動画が見つから無いので、概要は公式サイトの動画でご覧ください。

Paypal Here カードリーダー

何はともあれ、このカードリーダーが無いと始まらない。
最寄りのSoftBankショップで購入できます。オープン価格となっておりますが、私の住む石川県ではたったの1,260円で購入できました。

PayPalカードリーダー外箱1

オシャレ、いやシャレオツな印刷箱ですね。

裏面はこんな感じです。

PayPalカードリーダー外箱2

主要なクレジットカードとPayPalに対応とありますが、現在のところは「VISA」、「MasterCard」、「American Express」の3つです。

側面はこんな感じ。

PayPalカードリーダー外箱側面

十円より薄い箱です。

マグネットで封をするタイプでした。開くとこんな感じです。

箱を開ける

取り出してみました。非常に小さいですね。

PayPalカードリーダー本体

これでカード情報を読み取ってくれます。

iPhone 5 に接続してみます。

iPhoneに接続

イヤホンジャックが下にあるため、ちょっと変な感じです。

専用アプリを使ってみる

PayPal Hereの使用には無料の専用アプリが必要。

PayPal Here App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

アプリでの決済は簡単。金額を入れて、必要に応じて説明も入力。

PayPalアプリの金額入力画面

あらかじめ商品と金額を登録しておくことも可能。

あとは決済方法を選択する。電卓も利用可能。

画面2

PayPal口座、カード、請求書、現金の選択が可能。PayPal口座はアメリカだとスタンダードのようですが、日本ではまだマイナー。

カードスワイプの練習も可能。

使用方法の画面

カードリーダーの使用方法を3ステップで説明。

下のボタンをタッチすることで、練習画面に。

練習画面

カードの読み取りを4回練習出来ます。もちろん何も請求されません。

読み取り中

読み取りに成功しました。意外と簡単です。右からでも左からでも読み取ってくれました。

個人商店は是非導入すべき

恐ろしいほどの手軽さです。私の場合、たったの1,260円でカード決済システムが導入できました。やらない理由が見つからないです。

ちなみに、カード決済手数料は5%です。それ以外に費用はかかりません。

同様のサービスで、楽天スマートペイがあります。こちらの場合、初期費用はPayPalより少し高いですが、カード決済手数料が4.9%となっています。楽天銀行の口座があれば、こっちでも良さそうです。

お店での支払い方法が、現金のみからクレジット決済も可能となることで、新たなお客様を呼び込む機会が生まれますね。

私の運営するiPhone修理サービス「iPhone-WONDER」でも早速導入しました。

お店を経営されている方に是非オススメしたいですね。

せば、これにて。

Related posts:

  1. iPhoneで目が疲れる?ならブルーライトカットフィルムを貼ろう!
  2. 最強のメールアプリと噂される Sparrow を買ってみた【瞬報】
  3. 話題のiPhoneケース、ペンギンの茶色タイプがあったので買ってみました! #iphonejp
  4. iPhoneの充電ケーブルをオシャレにまとめるボビーノコードホルダーを買ってみました
  5. iPhoneでPodcastを作りたい!まずはマイクを選んでみた!
  6. Podcast収録用のiPhoneマイク「LOAS IPMC-01AL」開封の儀