画質を落とさずに容量を軽くするMacアプリ!無料です!!

ImageOptimのアイコン

ブロガーなら気にしておきたいのが画像の容量。
画像の容量が大きいと、ブログの表示が遅くなる。だからと言って画質は落としたくない。

そんな悩みをスッキリまるっと解決してくれる無料アプリがある。
それが「imageOptim」。

無料ながら、有名どころの「Jpeg mini」有料版(¥1,700-)と同等の性能をほこる。さらにPNGにも対応ってんだから、使わない理由が見つからない。

早速imageOptimをダウンロード

imageOptimは以下のサイトからダウンロードします。

ImageOptim — make websites and apps load faster (Mac app)
ブログ執筆時の最新バージョンは1.4.0です。

英語のサイトですが、どうってことありません。右側の Download をクリックします。

ダウンロード

圧縮ファイルがダウンロードされますので、解凍してアプリケーションフォルダに入れたらインストール終わりです。

imageOptimの使い方

使い方と言っても、ドラッグ&ドロップするだけの簡単なお仕事です。

imageOptimを起動します。
以下のようなウィンドウが表示されるので、

ImageOptim起動したところ

軽量化したい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

すると表示が変わり、軽量化がスタートします。

ImageOptimで軽量化中

すべてにチェックマークがつけば作業終了です。
今回は約18MB軽量化できました。

imageOptimで軽量化する前と後の比較

実際の画像で比較してみます。Petit Worksのプリザーブドフラワーで試してみました。

元の画像(356KB)
imageOptim前の画像

imageOptimで軽量化した画像(184KB)
imageOptimで軽量化した画像

サイズがほぼ半分になっているにもかかわらず、その差はほとんど分かりません。よーく見ると明るさがちょっと違いますが、細かい部分には遜色ありません。これで無料って言うんだから驚き。

もっと容量の大きい画像でやると、さらに効果を実感できます。

元画像(2.2MB)画像へのリンク
元画像2

imageOptimで軽量化した画像(770KB)画像へのリンク
imageOptimで軽量化した画像2

こちらは半分以下の容量に!でも画質は維持しています!すげぇ!

しておくと良い設定

さて、imageOptimの効果を実感できたところでひとつ。しておくと便利な設定です。

元画像を残すか、上書きするかの設定。

Imageoptimの設定

あとの軽量化レベルの設定はデフォルトのままで良いと思いますが、お好みで調整してみるのも良いと思います。

LTEなどのスマフォ回線も充実してきたとは言え、まだまだ3Gでネットすることも多いですから、画像は軽いに越したことないわけです。

せば、これにて。

Related posts:

  1. とうとうメモリ解放ツールをインストールした件
  2. MacのFTPアプリの双璧、ForkLiftがセール中!なんと85円!
  3. Macのショートカットはカンニングできる!そう、CheatSheetならね。
  4. MacアプリのPixelmatorが半額セール中か?
  5. OZPAさんのブックマークレット導入!ブログ執筆時間が恐ろしく速くなって書く気向上委員会!
  6. 「SOUL’d OUT」や「HOME MADE 家族」もiTunes Sroreで配信開始!