静電気対策に加湿器導入!iPhone修理に静電気はダメ絶対!

CP-051

静電気対策に加湿器を導入しました。
私の住む石川県を含む北陸地方は、雨が多いので他県より湿度は高いと思われます。が、やはり冬は乾燥しがち。

空気が乾燥すると怖いのが静電気。別段ドアノブ触ってビリっときたところで男の子ですからどーっちゅうことは無いわけです。ホントは怖いねん

しかしiPhoneの修理事業において、静電気はダメ絶対!パソコンのメモリ増設時も静電気には気をつけるように、iPhoneの基盤取扱い時も同様。

てなわけで、買って来ました「山善 KP-C051(B)」!

ペットボトル式を選択

この機種を選んだ一番の理由は、ペットボトル式だということ。

ペットボトル式

タンク式だと管理が面倒なんです。ペットボトル式だと水を入れるのも簡単。タンク式だと重かったり、入れにくかったり、こぼれたりなど何かと不便。

しかも落として割れようものなら使用できなくなります。ペットボトルならすぐに手に入りますし、汚れたら交換すれば良いだけです。

安心のスチーム方式

蒸気発生方法はスチーム方式。加湿器には大きく分けて2種類あり、スチーム式と超音波式。どちらも一長一短ありますが、スチーム式は煮沸して蒸気を発生させるので、万一水に雑菌などが含まれていても煮沸消毒されます。

スチーム式

よーするに衛生的だということです。超音波式は電気代が安い、すぐにスチームが発生するなどのメリットがありますが、今回は衛生面を重視しました。

アロマオイルが使える!

この KP-C051 という機種は、アロマオイルポットが付いてます。なので市販のアロマオイルを使って、ええニオイさせることも可能です。

アロマオイルポット

これもスチーム式だからこその機能です。超音波式には無い!

空気の乾燥を防ぐだけでなく、心の乾燥まで防いで…
ん?なんでもないです。少し気持ち悪いことを言いそうになっただけです。
あなたが大人ならスルーしてください。

というわけで、今年の静電気、乾燥対策は KP-C051 に任せます。

せば、これにて。

Related posts:

  1. 東京カラー印刷に頼んだ、人生初のチラシ800枚が届いた!