【画像あり】Skitchで楽勝スクリーンキャプチャ生活

Skitch使ってますか?Macユーザー必見のキャプチャソフトですよ。しかもEvernoteの買収により無料!
Skitch1

今、まさに操作しているところの画像を保存できれば、すごく分かりやすいし、伝わりやすいと思いませんか?
今日ご紹介するアプリ、Skitchはそんなことサクッとこなせる超絶簡単キャプチャアプリです。

Evernoteによる買収で無料アプリに

このSkitch。もともとは有料アプリだったのですが、あのEvernoteの買収によって無料になりました。私はずっと無料アプリのJingを使用していたのですが、画像の保存形式が選べないのと、配置した文字が少し読みにくい点が不満でした。それもこれもこのSkitchのおかげで全て解決です。

それではその使い方を。
まずはAppStoreからダウンロードします。

Skitch App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

起動すると次のようなウィンドウが。

Skitch3

左側のメニューが操作系です。選択ツール、鉛筆、直線、図形、バケツ、消しゴム、文字、矢印の順番です。

Skitch4

右側のメニューがキャプチャ操作、色、フォント、サイズ選択。そして下部に名前と保存形式の選択プルダウンがあります。保存は、デスクトップにドラッグするだけです。

Skitch4 1

では実際にキャプチャしてみます。右側メニューのSnapをクリックします。キャプチャしたい範囲を選択します。選択せずにクリックすると、ウィンドウ全体をキャプチャします。

Skitch4 4

簡単ですね。では次に、キャプチャした画像の編集する際のコツをご紹介します。まず、文字と矢印はについては、配置した後でも選択してサイズ変更が可能です。それ以外のツールは後からサイズの変更が出来ませんので、先にサイズを選んでから配置しましょう。それから、私のキャプチャを見てお分かりだと思いますが、全ての配置が終わったら、カラーから透明ブラックを選択し、塗りつぶします。すると配置したパーツが際立ち、より分かりやすくなります。

このあたりは、文字や画像だけでは伝えにくいので、いずれ動画で解説したいと思っています。まずは色々とさわって、試行錯誤しながら操作を覚えていきましょう。かく言う私も勉強中です(笑)。

キャプチャツールを使いこなすことで、ブログがより豊かに表現できるようになりますよね。もっと活用したいところです。

それではまた。

No related posts.