ホワイトミニーと私

ども、ユウセイ(@wm_yousay)です。

ホワイトミニー

突然ですが、ホワイトミニーを知っていますか?

日東ベスト株式会社というメーカーが製造している、カップデザートです。
しかし、なぜか同社のサイトにはアップされておりません。

知る人ぞ知る幻のデザートと言っても過言ではない代物です。

ホワイトミニーとの出会い

そんなホワイトミニーと出会ったのは、私が小学生の時分です。
学校給食のデザートとして、そのホワイトミニーが出されたのです。

私の通っていた小学校に、いつからデザートとして出されていたのかは分かりません。ただ、当時の小学生にとってホワイトミニーは特別なデザートであり、年に数回だけ食すことができる物でした。

ホワイトミニーがどれほどの人気であったかを計るエピソードがあります。

学校給食と言うものは、生徒一人一人に与えられるものです。
つまり、ホワイトミニーに配膳数も決まっているわけです。

しかし欠席者、つまり学校を休む生徒がいる場合には必然的にホワイトミニーが余るわけです。余ったホワイトミニーはどうなるか?

そう、クラスの生徒によるジャンケン大会で決めるわけです。

ジャンケン大会に参加する生徒というのは、だいたいが決まっています。食いしん坊はもちろん、目立ちたがり屋などが大半です。クラスの1/3くらいの人数です。

ただし、このホワイトミニーの時だけは違います。普段はあまり主張をしないような生徒や、おとなしい女子までもが参加する、ウルトラジャンケン大会に昇華するのです。

もうクラス内全員が参加すると言っても過言ではないのです。

例えジャンケンに負けても簡単には引き下がりません。

「来週のショートケーキをあげるから、そのかわりホワイトミニーをくれ!」

と言い出す生徒までいます。そんな政治的交渉を行なってまで欲しいデザート、それがホワイトミニーなのです。

20年以上の時を経て再び出会う

そんなホワイトミニー。
私も歳を重ねるごとに忘れていたわけですが、先日近所の雑貨屋で見つけてしまったのです。ホワイトミニーを!

フラッシュバックのように甦る記憶!
食べたい!ホワイトミニーを食べたい!

大人買いせずにはいられませんでした。

レジにて店員さんが言います。

「皆さん興奮して買っていきます」

そうでしょう!だって青春だもの!

ホワイトミニーで育ったんだもの!

我が町小松市の消費量

そんなホワイトミニーですが、知り合いでは誰も知りません。
なぜか、それはホワイトミニーが超マイナーデザートであるから。

このブログをお読みの方も、ほとんどがご存知無いと思います。
石川県在住でも知らない人の方が多いです。

小松市の小学校に通った人間のみが興奮するのかもしれません。

雑貨屋の店員さん曰く、
小松市の消費量が全国一とのことで、メーカーも小松市用として別パッケージを製造しているようです。しかも増量して。

それを聞いて嬉しくなりました。
なぜならウルトラジャンケン大会が繰り広げられていると…
その光景が目に浮かぶから…

ホワイトミニーを食べて見ませんか?

さあ、ここまで読まれたならホワイトミニーが食べたくなっていることでしょう。是非食べてみて下さい。レアチーズケーキのようなホワイトミニー。
冷凍されているので、解凍してから食べるのが正しい食べ方です。

つまり、買ってからすぐに食べられない。
そんな焦らし要素も含んだホワイトミニーを是非食べてみて下さい。

せば、これにて。

Related posts:

  1. 寄稿と文才と事業計画
  2. ダイソーでA4モノクロコピーが1枚5円!A3なら1枚10円!!
  3. 友人の@rakuishi07こと落石くんがAppBankに入社しました!