三脚対応のiPhoneケースをたった110円で自作する方法!

ども、ユウセイ(@wm_yousay)です。

iPhoneで写真や動画、撮ってますか?
私?ええ、撮ってますとも。
それも、たった110円で自作した三脚対応ケースでね!
はい、回りくどい前置きはここまで。
たった110円で自作できる、三脚対応のiPhoneケースの作り方です。

準備するもの

さっそくですが、まずは準備するもの。

105円のiPhoneケース

iPhoneのケース。プラスチック素材のものが適しています。
シリコンだと柔らかすぎて使えません。
ある程度の硬さが必要になります。
ダイソーやセリアなどの100均で売ってるものでOKです。

1/4サイズのナット

1/4サイズのナット。
これは100均だとあまり売られていません。
ホームセンターなどでバラ売りしているものを買いましょう。
インチサイズのコーナーで、1/4サイズのもの。
私がホームセンターで買ったときは、バラ売りで1個5円でした。

以上です。
そう、たったのこれだけ。
あと、自宅にボンド(瞬間接着剤)が無い場合は、ボンドも100均で買っておきましょう。

ケースの作り方

三脚対応ケースの作り方です。
もう勘の良い人は察しがついてることでしょう。

そうです。ケースにナットをボンドで接着するのです。

ケースの側面

ケースの側面、センターあたりにナットを接着します。

ナットを接着1

ピタっとな。
金属と瞬間接着剤の相性はバッチリで、1秒ほどで接着完了します。

ナットを接着2

ナットの平面になっている方を接着すると良いです。

これで、完成ですw

三脚を取り付けてみる

では三脚に取り付けてみましょう。

ポケット三脚1

今回撮影に使用する三脚はこちら。
「ポケット三脚」さんです。これもダイソーで売られています。

ポケット三脚2

大きい三脚と同じネジサイズです。

ポケット三脚3

こんな感じでグネグネさせて使えるタイプです。
では、取り付けてみましょう。

三脚に取付 三脚に取付2

バッチリです。安定感もあります。

接合部拡大

拡大してみました。
程よい感じで締めるのがポイントです。
あまり締め付け過ぎると、ケースからナットが剥がれますので注意です。

荷物が一つ減る喜び

これまでもiPhoneを三脚に取り付ける方法はありました。
↓こんなガジェットを取り付ける方法です。

私も持っていますが、これらのガジェットのデメリットは、持ち歩きしなくてはならないということ。さらに取り付けたままではiPhoneが操作しづらい、ポケットに入らないということ。

でも、今日からはそんな煩わしさとはおさらばです。
だって、たった110円で三脚対応ケースが自作できるんですから(笑)

ポケットにも入ります。
荷物も減ります。

是非試してみてはいかがですか?

せば、これにて。

※この方法によってケースとナットが分離して、iPhoneが落下するようなことがあっても、当ブログでは一切の責任を負いかねます。自己責任で自作および使用して下さい。

Related posts:

  1. 練り香水を好きなエッセンシャルオイルで自作してみた
  2. WordPressのテーマを自作してみようと思ったのには訳がある。